2009年01月14日

Free Esperanto Course の「鳥が虫を捕える」

課題1:エスペラント文を英文に翻訳する(例えば"Birdo kaptas insekton."→"A bird catches an insect.")プログラムを作成する。

まず Free Esperanto Course の Lesson 1 で使われているすべてのエスペラント文を英文に翻訳することから始めます。

使用するプログラミング言語はBASICで、BASIC版を完成した後、なでしこ版に取り組むことにします。

WINDOWS95やWINDOWS98のCD-ROMにはQBASICというソフトが付属しており、DOS窓でUSコマンドを実行して英語モードに切り替えれば使うことができました。

そのQBASICと互換性のあるフリーソフトに Tiny Basic for Windows というのがあります。これはQBASICと違って日本語が使えますが、ランダムファイルが利用できないという弱点を持っています。「あちらを立てればこちらが立たず」ですが、当面は問題にならないので、QBASICでも Tiny Basic for Windowsでも動くプログラムという条件で作ることにします。

辞書ファイルは Free Esperanto Courseの Vocabularyのページにあるデータを利用して作成します。

私が作ったプログラムは、現時点では例文を
bird catch insect.
と翻訳します。動詞に3人称単数現在の-esを付け、名詞の前に冠詞の aや anを挿入し、さらに文頭の文字を大文字化する処理がまだ残っています。

ちょっと先回りして日本語への翻訳について考えてみると、語順を操作するという大きな作業があることに気づかされます。逆に言えば、エスペラントと英語との間では語順を変更する必要はほとんどなく、ただ単語を入れ換えていくだけでほぼ翻訳が完了するのだというあっけなさにちょっと驚いてしまうのですが。


posted by アキラ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。