2009年01月29日

「山の頂きは雲の上にある」と訳せるだろうか?

弱点をカバーするように処置した結果、"La libro estas sur la tablo."といった文も「本はテーブルの上にある」と正しく訳せるようになりました。

めでたし、めでたしと言いたいところですが、疑問がわいてきました。この文は sur la tabloを sur_la_tabloと書き換えた上で副詞として登録(品詞コードは 6)して、SVL → SLVの変換ルールを適用したものです(L は副詞句)。次の文は同じようにして訳せるでしょうか?

La supro de la granda monto estas super la nuboj.

"super la nuboj"は最初の文と同じように処理されるからいいのですが、"de la granda monto"はそんなわけにはいきません。これは副詞句ではなくて、先行する名詞を修飾するフレーズだからです。

この辺が上野式の限界なのでしょうか?


posted by アキラ at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。